「ダイエット」に!「しょうが白湯」の正しい作り方と飲み方は?

「白湯」は、「ダイエット」には最適な飲み物
と言えるでしょう。

実は、「白湯」にある食材を足すと
「ダイエット」効果をさらに高めることに。

その食材とは、「しょうが」です。

★ 「しょうが」は伝統医学の優秀食材

「しょうが」は、漢方において
体を温める作用が強い食材として
昔から重宝されてます。

インドの伝統医学、アーユルヴェーダ
においても、
「しょうが」は消化力を高めて
体を健康な状態にする効果が抜群だとして
用いられてます。

「しょうが」は昔から様々な国や地域で、
人々の健康を守ってきた優秀な食材です。

★ 「しょうが」に秘められた4つのダイエット効果

「しょうが」には、次の4つの「ダイエット」効果が。

1. 血流をよくする

「しょうが」に含まれている
辛味成分ジンゲロールには、血管を広げて
血流を改善する効果が。

2. 代謝を高めて「痩せ体質」にする

「しょうが」の成分であるショウガオールには、
熱を作り出して体を芯から温める作用が。

ショウガオールによって体が温まることで、
代謝が高まり、「痩せ体質」に。

3. 胃腸を元気にする

「しょうが」には、
胃腸を元気にして消化する力を高める作用が。

消化力が高まることで、巡りのよい体に改善。

4. 脂肪を燃やし脂肪の蓄積を防止する

「しょうが」の成分であるジンゲロンには、
脂肪の燃焼を促す効果が。

さらに、ジンゲロールには
脂肪が蓄積するのを防止する作用があるため、
「しょうが」を食べることで脂肪を溜め込み
にくい体に。

★ 「しょうが白湯」にするとパワーアップ!

「しょうが」の効果は、
「しょうが白湯」にすることで、さらにパワーアップ。

「しょうが」を加熱することによって、
ジンゲロールがショウガオールという成分に
変わるからです。

ショウガオールは、上述の通り、
体を温めて代謝を促進する効果に優れています。

「しょうが白湯」で、
ショウガオールをたっぷりと摂ることで、
燃焼系の体がつくれるのです。

★ 「しょうが白湯」の作り方

「しょうが白湯」の作り方はとても簡単。

1. 「しょうが」を薄くスライスする
2. スライスした「しょうが」2~3枚をやかんに
3. やかんに水を入れる
4. やかんを強火にかけて沸騰したらフタをとる
5. ぶくぶくと大きな泡が出る程度の火加減で
  10~15分沸かす

基本的な「白湯」の作り方は同じで、
お湯を沸かすときにスライスした「しょうが」を
入れるだけです。

「しょうが白湯」を持ち歩きたい方には、
次の作り置きレシピがおすすめ。

1. 保温できる水筒に
  スライスしたしょうがを入れる
2. そこに熱湯を400ml注ぎ入れる
3. しっかりフタをして
  3時間以上蒸らしてから飲む

★ 「しょうが白湯」の正しい飲み方

「しょうが白湯」を飲むときのポイントは
以下の通り。

1. 食前に飲む

「しょうが白湯」は食前に飲むことで、
脂肪の吸収を防止して、「ダイエット」効果を
高めることができます。

また、胃腸の働きをサポートする効果も
期待できます。

2. 朝と夜の2回飲む

「しょうが白湯」を飲むタイミングは、
朝の食前と夜の食前がおすすめ。

朝と夜に飲むことで、
体を温める効果を高めることができます。

3. 1日あたり2~3杯を目安にする

「しょうが」は胃腸によい働きをしますが、
摂りすぎは、逆に胃腸の負担に。

「しょうが白湯」は1日あたり2~3杯にとどめ、
飲みすぎないようにするといいでしょう。

★ 飲みにくい人は、はちみつでアレンジ!

「しょうが白湯」がどうしても飲みにくいなら、
ハチミツを入れると飲みやすくなりいいですよ。

ぜひ試してみてくださいね。


【ホットヨガ】東京の人気ホットヨガスタジオ まとめ